ZeQ、音声解析AI電話「MiiTel」を連携したZendeskアプリケーション(β版)提供開始

カスタマーサービス領域に特化したデジタルソリューションを提供するZeQ(ゼクー)は13日、音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」を提供するRevComm(レブコム)と業務提携し、MiiTelとZendeskとの連携アプリケーションを開発、ベータ版として提供を開始したと発表した。

これにより、Zendeskアプリケーション(β版)からMiiTelを起動し、架電業務や通話記録の確認を行うことが可能になる。

今回の提携により、Zendeskの管理画面上から当該アプリケーション(β版)を起動し、MiiTel経由での受発信が可能となった。受発信のタイミングでZendeskチケットが自動生成されるため、応対担当者が記録をする手間を軽減できる。また、チケット上からMiiTelの音声分析画面へ移動して解析結果を確認する機能も備わっており、顧客とのコミュニケーションの振り返りを簡単に行うことができる。さらに、通話記録となるチケットに内部コメントを残したり、担当者を割り当てることで、チームで連携しながら顧客をサポートすることも可能。

グラフと数値で簡単に解析結果を確認できるMiiTelと、問い合わせ応対から顧客情報管理まで一元化されたZendeskの、双方の強みを活かした連携を可能にすることで、カスタマーサポートの業務効率化や働き方改革、生産性向上のプロセスを支援する。なお、MiiTel連携Zendeskアプリケーション(β版)は、無償で提供する。

音声解析AI電話「MiiTel」は、電話営業やコンタクトセンター業務における、会話の内容を解析し、高精度のフィードバックを行うことで商談獲得率・成約率を向上させる、日本発の音声解析AI電話サービス。顧客と担当者が「何を」「どのように」話しているか分からない、というブラックボックス化問題を解消し、アナログな議事録作成も自動文字起こし機能が軽減する。

商談内容を振り返りやすいシンプルな設計なので、自ら振り返り商談の質を高めたり、開発や他部門に顧客要望をニュアンスまで正確に伝えたりすることが可能。MiiTelは、営業担当者が「人にしかできないクリエイティブな仕事」に専念する時間を生み出す。

また、MiiTelにより蓄積された顧客とのリアルな音声データは、自社の教育研修、サービス開発、機能改善などに幅広く活用でき、企業の事業成長を後押しする。日本語版に加え、インドネシア語版、英語版の提供を開始している。

関連URL

「MiiTel」
RevComm
ZeQ

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  2. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…
  3. 2024-2-16

    生成AIを通してファッションの新たな領域を切り開くイベント「TOKYO AI Fashion Week」開催

    ファッションとAIを始めとした最新テクノロジーをかけ合わせたサービス・プロダクトの開発に取り組むOp…
  4. 2024-2-8

    パナソニック コネクト、検知対象の追加や精度向上が可能な AIカメラ9機種 取扱い開始

    パナソニック コネクトは7日、i-PROの業界初となる設置現場に応じたAI追加学習を可能とするAIア…
  5. 2024-2-5

    AIポータルメディア「AIsmiley」、”生成AIで業務改革ウェビナー”を限定開催

    アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、"生成AIで業務改革ウェビナー"…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る