AI活用型オンデマンドバス「のるーと塩尻」が長野県塩尻市で4月1日から本格運行

長野県塩尻市は1日、2020年度から実証運行をしていたAI活用型オンデマンドバス「のるーと塩尻」を、4月1日から正式なサービスとして導入すると発表した。今後は運行エリアを拡大しながら市街地ゾーン全域での活用を検討していく。

「のるーと塩尻」の本格運行に伴い、現在の地域振興バス「中心市街地循環線」を廃止。これに代わり、同路線エリアでは10月から運行している「のるーと塩尻」を4月1日から本格運行する。

「のるーと塩尻」は利用者が乗りたい時にアプリで呼べる新しい「乗合バス」で、A Iシステムが乗合い状況や道路状況に応じて車両に効率的なルートを案内するのが特徴。

同市では、1999年から民間委託によりコミュニティバス「すてっぷくん」を運行しているが、利用者ニーズの多様化に伴う需給のミスマッチなどを背景として、利用者数が減少している。また、運行を担う事業者の立場としても乗務員の高齢化、担い手不足が深刻化し、サービスの持続性が低下しているという。

同市では、これらの課題を解決するための手段として、地域振興バスと「のるーと塩尻」を組み合わせた効率的な交通網の構築を目指すとしている。

関連URL

「のるーと塩尻」
長野県塩尻市

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る