産業インフラ・社会インフラ事業関連の専門商社「千代田組」が「LegalForce」導入

LegalForceは23日、産業インフラ・社会インフラ事業関連の専門商社の千代田組に、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入したと発表した。

「LegalForce」導入の背景
・新規事業や海外支店の支援を中心に契約書業務が発生。現在は月50件の契約審査を3人で対応。
・契約書審査にかかわるメンバー全員が営業出身。契約書レビューに必要な知見に不安。
・属人的な判断に危機感を感じ、判断の標準化を図るために「LegalForce」を導入。

「LegalForce」導入の効果
・契約書レビューの処理スピードが上昇。導入前に比べ、レビューできる件数が2倍に。
・条文検索機能の活用で、文例を考える時間が短縮し業務効率化。
・OCR技術の読み取り精度の高さを評価。紙やPDFで保管している過去の契約書もLegalForceにアップロードし、条文検索や比較に活用。

導入事例

関連URL

「LegalForce」
「LegalForceキャビネ」
LegalForce

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る