スペクティ、AIと空間情報技術を活用した防災・減災ソリューションの提供で国際航業と連携

AIを活用した防災・危機管理サービスを提供するSpectee(スペクティ)は29日、国際航業と販売パートナー契約を締結し、人工知能(AI)と空間情報技術を活用した新しい防災・減災ソリューションの創出に共同で取り組むことに合意したと発表した。

気候変動の影響を受けた自然災害の頻発化・激甚化に伴い、行政機関や民間企業ともに災害時における地域の安全や事業継続のための迅速な対応が、必要となってきている。今回、空間情報分野のコンサルタントとして防災・減災に関わるソリューションを提供する国際航業と、AIによるリアルタイムでのビッグデータ解析ソリューションを提供するスペクティは、両社が保有する技術やノウハウを活用することで、顧客の「安全・安心への取り組み」をサポートするサービスを強化・推進するという。

第1弾として国際航業は、スペクティが提供するSNSに投稿された情報や気象データなど様々なデータをAIで解析し災害・危機管理に関する情報をリアルタイムに配信するサービス「Spectee Pro」の販売を開始する。国際航業の保有する災害発生後の被害調査情報、各種シミュレーションによる被害想定情報、GISによる防災情報提供サービスなどに「Spectee Pro」を組み合わせて提供することで、災害発生前から発災後までワンストップで迅速に提供できるソリューションのラインナップを拡充する。

災害発生直後のリアルタイムな情報は、災害対応における迅速な意思決定に大きな役割を果たす。両社は更に技術面での連携を進め、被害状況の可視化・予測の実現に取り組み、リアルタイム性の高い情報提供サービスの開発を通して、持続可能な社会の実現に貢献していくとしている。

関連URL

「Spectee Pro」無料トライアル
Spectee

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る