LegalForce、臼井国際産業がAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入

LegalForceは30日、自動車用部品の開発・製造・販売を行い、特許申請6000件の実績を持つグローバルサプライヤーの臼井国際産業に、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入したと発表した。

「LegalForce」導入の背景
・法務部がなく、総務部総務課の業務の一環で一人で法務業務を担う。
・グローバル企業のためさまざまな類型の契約審査を行うなか、不慣れな類型の契約審査は着眼点がわからず、不安を感じていた。
・リスクを指摘してくれるサービスで業務効率化を進めるため、リーガルテックという最先端の技術に魅力を感じてLegalForceを導入。

「LegalForce」導入の効果
・「自動レビュー機能」を活用し、論点を整理した上で契約審査ができるため、契約審査業務がスムーズになった。
・国際取引をする際、和文と英文で600点以上ある契約書のひな形を有効活用。「比較機能」の活用で条文の抜け落ちやリスクを洗い出すことが可能に。
・「一人法務」として他の業務と同時に契約審査を行うなか、契約審査の品質とスピードを担保できるように。

臼井国際産業の導入事例

関連URL

「LegalForce」
「LegalForceキャビネ」 
LegalForce 

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る