AIチャットボット「AI Messenger」スキマバイトアプリ「タイミー」に導入

AI Shiftは15日、AIチャットボット「AI Messenger」が、タイミーが提供するスキマバイトアプリ「タイミー」のカスタマーサポートとして導入されたと発表した。

「タイミー」は、「この時間なら働ける」人と「この時間だけ働いてほしい」企業をつなぐスキマバイトアプリ。サービス利用者の増加や導入店舗の拡大に伴い問い合わせが増加したことで、これまでのカスタマーサポートの体制では1つの問い合わせ内容の解決までに時間を要してしまい、顧客満足度の低下が懸念されていた。

このような背景より、若年層のユーザーが多いという特徴から、慣れているUI/UXでの問い合わせ対応の自動化によりユーザーの即時解決を図るため、AIチャットボット「AI Messenger」を導入したという。

「AI Messenger」の導入により、FAQから回答を探す手間やカスタマーサポートからの返答を待つ手間を省き、ユーザーの自己解決に導く。

ライフスタイルに合わせて24時間いつでも利用できることで利便性向上や、写真や動画で補完した分かりやすい説明で解決率向上が見込めるほか、顧客の声をサービス改善に活かすことで顧客満足度向上も期待できるという。

タイミーでは、運用効率化を実現する運用サポート機能「AI Compass」を活用して、同社でチャットボットの運用を行っている。AIが解決できなかった問い合わせを類似毎に抽出・分類して提示するため、短時間での的確なチューニングを実現し回答精度の向上へと導くという。

「AI Messenger」は、独自AIエンジンを搭載したAIチャットボット。チャットボットの初期構築から運用分析までフルサポートで負担なく導入できるほか、独自の運用サポート機能「AI Compass」により短時間で的確なチューニングが可能。また、有人チャットツールの提供や、保有する沖縄チャットセンターによる有人対応までワンストップでの対応も実現する。

関連URL

「AI Messenger」
AI Shift

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る