NTTSportictとSPLYZAがAIカメラ提供におけるパートナーシップを締結

NTTSportictは12日、アマチュアスポーツ向け映像分析ツールを開発・提供するSPLYZAとパートナーシップを締結し、AIスポーツ映像ソリューション「STADIUM TUBE」における協業を開始したと発表した。

NTTSportictではこれまで、体育館・球技場・陸上競技場等へ設置することでスポーツの自動撮影・配信を実現するAIカメラ「Pixellot」を用い、低コストかつ容易に撮影・映像配信ができるソリューション「STADIUM TUBE」を提供してきた。また昨年7月にはチーム向けの可搬型「Pixellot Air」を使ったモデルをリリースした。

アマチュアチームやスポーツ協会の方からのニーズに耳を傾ける中で、AIカメラで撮影した映像を分析やコーチングに使いたい、そして少しでもその分析作業の負荷を減らしたいという声が多かったという。

そこでスポーツチームが求める機能の開発力に強みがあり、また多くのチームへの接点を持つSPLYZAと、技術面・販促面の両側面で相互に補完し合い、アマチュアスポーツ現場の映像活用を包括的に支援していくために、今回パートナーシップ締結に至ったという。

AIスポーツ映像ソリューション「STADIUM TUBE」Airモデルの販売をSPLYZAで開始すると共に、「SPLYZA Teams」と「STADIUM TUBE」間のデータ連携の開発を完了した。

AIカメラで自動撮影した映像を、動画のDL不要で「SPLYZA Teams」側へ連携できる。つまり、カメラ係いらずで、高品質な動画を使った分析作業がスマホですぐに実現可能となった。

関連URL

「STADIUM TUBE」Airモデル
アマチュアスポーツ向け映像分析ツール「SPLYZA Teams」
SPLYZA
NTTSportict

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る