ジャパン・カレント、自治体DX支援サービス「AI-さらば外字くん」の提供開始

アクシスとジャパン・カレントは13日、全国の⾃治体が取り組む「⾃治体システム標準化」で⼤きな課題となる「外字」の同定作業に対し、⽂字を画像として捉え、AIを活⽤して作業負担を⼤幅に軽減するサービス「AI-さらば外字くん」の提供を開始すると発表した。

外字とは、システムで標準搭載されていない漢字で表される氏名等を扱うために、各自治体で作成・管理する独自の文字のこと。

1989年の創立当初から自治体向けのICT導入を手掛けてきたアクシスは「外字の同定作業」が自治体システム標準化における大きな課題になると考えていた。そこで“文字を画像として捉えれば、AIを活用し類似文字を特定できるのではないか”と考え、AIによる画像解析に強みを持つジャパン・カレントに検討を打診。ジャパン・カレントは数々の案件で培った画像解析技術を活用し、同定先の「文字情報基盤:IPAmj明朝フォント」に対し、サンプルデータで十分な精度を出す外字同定システムを開発した。

自治体ICTに強みを持つ“漢字のまち喜多方”のアクシスとAI画像解析に強みを持つジャパン・カレントがタッグを組み、各自治体の外字同定作業負荷を大幅に軽減するサービスを提供する。

顧客は、本サービスを活用することにより、同定候補の文字を素早く特定できるだけでなく、さらに労力のかかる「同定候補がない文字の取り扱い決定」に集中することができる。

基本サービス価格は24万4000円(税別)。

問合せ:「AI-さらば外字くん」専用窓口 byebye-gaiji@f-axis.co.jp

関連URL

ジャパン・カレント

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る