営業AIツールACES Meet、話者比率と話速解析・リアクション解析機能をリリース

ACESは17日、営業支援AIツール「ACES Meet」で話者比率解析機能および、話速解析機能をリリースしたと発表した。また、表情や動きなどのリアクションの変化を特定するリアクション解析機能もあわせてリリースした。

これにより、成約/失注要因の分析やトップ営業パーソンのナレッジ展開、新人営業パーソンの教育・育成をより効率よく行うことができるという。

「ACES Meet」はZoomでのオンライン商談を録画し、独自AIによる話者ごとの自動書き起こしや重要なシーンの可視化を行うことで、オンライン商談における成約率の向上と現場の工数削減に寄与する営業支援AIツール。

ACESは昨年11月に「ACES Meet」のβ版を、今年3月には正式版をリリースし、幅広い業界のユーザーに提供してきた。

営業における成約率の向上においては成約/失注要因の分析が欠かせないが、成約/失注の要因として、営業パーソンのトーク内容と話す割合(話者比率)、および話す速度(話速)の分析などがあげられるという。

「営業担当者が一方的に説明するのみで顧客が話せていない(右の例)」に比べると、 「顧客とのトーク比率のバランスが良く会話のキャッチボールができている(左の例)」の場合は顧客の課題について議論を深められている事が多く、前者に比べて成約率に大きく差が出ることが判明している。

今回の機能リリースでは、「ACES Meet」を活用することで誰が何を話したかの分析に加え、話の割合や速度についても可視化が可能になった。これにより、トッププレーヤーの商談運びを明らかにし、新人営業パーソンの教育・育成の効率化や、チーム全体の成約率を向上するためのナレッジシェアをより効率的に行うことができる。

また、表情や動きから感情変化をAIが特定するリアクション解析の機能もリリース。リアクション解析を用いることで、商談においてリアクションが大きかった点を特定し、営業パーソンが言いよどんだ点や、商談が盛り上がった点などを社内で共有しナレッジとして蓄積することが可能になる。

関連URL

導入相談
資料ダウンロード
ACES

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る