アイキューブデジタル、AI活用検査自動化アプリケーション「Y’s-Eyeハンバーグ」発売

製造業のDX・スマートファクトリー化を支援するアイキューブデジタルは1日、検査対象特化型モデル「Y’s-Eye(ワイズアイ)ハンバーグ」を受注開始した。

検査対象特化型モデル「Y’s-Eyeハンバーグ」とは、アイキューブデジタルが提供しているAI画像検査+排除機構がセットになった、検査品質の安定化・省人化を支援するAI画像判定ソリューション「Y’s-Eye」の検査対象特化型モデル第1弾。検査対象をハンバーグパティに特化し、パッケージ化することで、従来よりも短期間でスムーズな導入を実現した。

安川グループの技術を集結し、AI×ロボットの連携によって検査工程自動化を実現すると同時に、検査結果データから不良傾向分析を行うことで、歩留まりの改善、人手不足の解消や食品ロス削減に貢献が期待できる。形状や合格品の判定基準が画一ではなく、製品検査を人手に頼らざるを得なかった食品製造業で注目されるソリューションだという。

検査対象特化型モデル「Y’s-Eyeハンバーグ」の特長
1:置いてすぐ使えるパッケージ
AIに検知させる検査対象をハンバーグパティに特化しパッケージ化することで、基本設計があらかじめ完了している。基本設計と異なる検査パターンについても想定設定されているので、顧客の検査対象製品に対するAI判定モデル作成を行うだけで、従来よりも短期間でスムーズな導入が可能。
2:人の目同等の検査精度
AI(ディープラーニング)画像解析技術により、ルールベースでは一律に決められない判定基準もAIでモデル化する。食品のような個体差の大きな対象物には最適。
3:食品仕様のロボットで衛生面に配慮
安川電機製HC10DTFPを採用している。水洗いにも対応しており、洗剤にも強い仕様。ハンドはベルヌーイ式ハンド*で、ノズル詰まりの心配もない。衛生面にこだわった組み合わせ。
*ワークに対して勢いよく空気を放射方向に噴出させ流体周辺の圧力が低くなることで周囲の物質を引き付ける現象を応用した浮上式のハンド
4:データ活用で食品ロス削減
検査・排除の自動化だけではない。結果を見える化することで、不良傾向を把握し歩留まり改善に役立てる。

関連URL

検査対象特化型モデル「Y’s-Eyeハンバーグ」
アイキューブデジタル

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る