NTTSportict、慶應義塾体育会野球部日吉グラウンドへAIカメラサービス「STADIUM TUBE Double Play」を導入

NTTSportictは28日、慶應義塾体育会野球部日吉グラウンドへ、スポーツAIカメラによる野球専用の自動撮影配信ソリューション「STADIUM TUBE Double Play」を導入し、オープン戦中継プラットフォームの運用を開始すると発表した。

本件が、日本の学生野球におけるAI映像中継システム導入の初事例だという。

オープン戦中継プラットフォームを通じて、慶應義塾体育会野球部の活動をより多くのファンに届け、これまで以上に応援してもらえる環境づくりを支援する。同時に、映像を活用したチーム強化への活用支援も行っていく。

なお、第1弾のLIVE配信を、8月16日の「夏季オープン戦 vs京都大(12時30分試合開始予定)」で実施予定(配信プラットフォーム URL については近日公開予定)。

「STADIUM TUBE Double Play」とは、野球場のキャッチャー側とセンター側に2種類のAIカメラを設置し複数アングルを⾃動で切り替えることで、専門的な映像制作ノウハウが無くとも、臨場感のある試合中継を、低コストで⾏うことができるソリューション。

映像を使ったチーム強化はもちろん、学生、OB等の関係者やファン向けに試合映像コンテンツを配信することが可能。

今回の導入にあたり、慶應義塾体育会野球部の支援団体である慶應ベースボール倶楽部(KBC)が、野球部強化支援の活動の一環として、日吉グラウンドでの映像配信について新たな取り組みを模索していたことから、NTTSportictへ本件の打診をしたことがきっかけとなっている。

NTTSportictが具体的なソリューションを提案し、KBC、野球部、大学、連盟等関係機関と連携し、今回の導入が実現した。現在、NTTSportictが配信開始に向けて準備を進めている。

オープン戦中継プラットフォームでの配信事業を通じて、NTTSportictとKBCでは、さらなる連携強化を図り、チーム支援の新しい仕組みづくりをおこなっていきたいとしている。

「STADIUM TUBE Double Play」の問い合わせ

関連URL

NTTSportict

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る