NTTSportict、慶應義塾体育会野球部日吉グラウンドへAIカメラサービス「STADIUM TUBE Double Play」を導入

NTTSportictは28日、慶應義塾体育会野球部日吉グラウンドへ、スポーツAIカメラによる野球専用の自動撮影配信ソリューション「STADIUM TUBE Double Play」を導入し、オープン戦中継プラットフォームの運用を開始すると発表した。

本件が、日本の学生野球におけるAI映像中継システム導入の初事例だという。

オープン戦中継プラットフォームを通じて、慶應義塾体育会野球部の活動をより多くのファンに届け、これまで以上に応援してもらえる環境づくりを支援する。同時に、映像を活用したチーム強化への活用支援も行っていく。

なお、第1弾のLIVE配信を、8月16日の「夏季オープン戦 vs京都大(12時30分試合開始予定)」で実施予定(配信プラットフォーム URL については近日公開予定)。

「STADIUM TUBE Double Play」とは、野球場のキャッチャー側とセンター側に2種類のAIカメラを設置し複数アングルを⾃動で切り替えることで、専門的な映像制作ノウハウが無くとも、臨場感のある試合中継を、低コストで⾏うことができるソリューション。

映像を使ったチーム強化はもちろん、学生、OB等の関係者やファン向けに試合映像コンテンツを配信することが可能。

今回の導入にあたり、慶應義塾体育会野球部の支援団体である慶應ベースボール倶楽部(KBC)が、野球部強化支援の活動の一環として、日吉グラウンドでの映像配信について新たな取り組みを模索していたことから、NTTSportictへ本件の打診をしたことがきっかけとなっている。

NTTSportictが具体的なソリューションを提案し、KBC、野球部、大学、連盟等関係機関と連携し、今回の導入が実現した。現在、NTTSportictが配信開始に向けて準備を進めている。

オープン戦中継プラットフォームでの配信事業を通じて、NTTSportictとKBCでは、さらなる連携強化を図り、チーム支援の新しい仕組みづくりをおこなっていきたいとしている。

「STADIUM TUBE Double Play」の問い合わせ

関連URL

NTTSportict

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る