AIで医療現場のDXを推進するカルディオインテリジェンス、総額4.3億円を資金調達

医療現場の解析技術にデジタルトランスフォーメーション(DX)をもたらすことを目指すヘルステックベンチャーであるカルディオインテリジェンスは15日、既存投資家である大和企業投資、ANRI、SMBCベンチャーキャピタル、Gemsekiに加え、新たに静岡キャピタルを引受先とした第三者割当増資により、シリーズAファーストクローズとして総額4億3千万円の資金調達を実施したことを発表した。

同社は、2019年10月の創業後「医療現場で”使える”ディープラーニングAIとICTを活用しすべての人に届けられる心電図DXの実現」を目指し、心電図のAI自動解析支援システムの製品化を進めてきた。2020年11月に最初の製品である長時間心電図解析ソフトウェア SmartRobin シリーズを、続く2022年2月には、新たにディープラーニング技術を盛り込みAIを活用したSmartRobin AI シリーズをローンチし、すでに多数の医療機関に導入している。

また本製品は本年4月に医療機器プログラムとして初めてMedtec イノベーション大賞を受賞し、新しい医療機器の姿として内外に評価されているという。

今回の資金調達は、サービス拡充による社内体制の強化および医療従事者の診断サポートに貢献するプロダクトの開発に活用するとしている。

関連URL

大和企業投資
ANRI 
SMBCベンチャーキャピタル
Gemseki
静岡キャピタル
カルディオインテリジェンス 

関連記事

注目記事

  1. 2022-9-13

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る