ドローンデリバリーの都市部普及に向けた官民協働テストマーケティングを実施

TOMPLA、出前館、弘真物流、ピーエイは、新潟市協力のもと、9月6日から16日まで、 新潟市信濃川万代テラスエリアで、出前館アプリを利用したドローンによるフードデリバリーのテストマーケティングを行う。

現在、 国内のドローン宅配は過疎地域で導入が進められているが、ニーズはあるものの、配達の担い手が不足している地方都市などでの普及には至っておらず、そのような地方都市でのサービス提供がドローン宅配の普及の鍵となる。ドローンは、サイズが小さく軽いものの運搬に適し、特に飲食店のデリバリー需要が予測されており、これまで様々なドローンによるフードデリバリーの実証事業が行われてきた。

しかし、これまでの実証事業は、運搬後の食品品質や航路の検証のため、単日かつ限定された注文回数での実施となり、実際の市場環境とは言い難いものだった。今回のフードデリバリーのテストマーケティングでは1日12回の注文を可能とし、信濃川を挟み対岸までドローンで商品を運ぶ。今回の10日間のテストマーケティングを通し、商用ドローンの普及の加速化を図っていくという。

参加各社は、今後も地域社会の活性化に寄与するため、相互に連携し、ドローン宅配の普及に向けて取り組みを進めていく。

◆各社の主な役割
TOMPLA:本テストマーケティング統轄、ドローンオペレーション統括、独自ドローンおよび技術者提供
出前館:注文プラットフォームの提供
弘真物流:ドローンの遠隔運航管理
ピーエイ:弁当・飲料の調理、提供
新潟市:実証実験協力 地域および関係者との調整等

関連URL

ピーエイ
弘真物流
出前館
TOMPLA

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る