AI通訳機「ポケトーク」、外国人技能実習生対応に大東建託で利用開始

ソースネクストは17日、同社のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」 計127台が、大東建託の建築現場に従事する技能実習生とのコミュニケーションツールとして利用開始したと発表した。

本製品は、61言語を音声とテキストに、21言語をテキストのみに翻訳し、互いに相手の言葉を話せない人同士のスムーズなコミュニケーションを可能にする。

大東建託は、2014年からベトナムやインドネシアからの技能実習生延べ1000名に対し側面支援を実施している。本製品は、実習先での外国人技能実習生と受け入れ企業とのコミュニケーション向上を目的として導入され、建築現場での安全性や品質性向上の相乗効果も期待される。

同社では、「言葉の壁をなくす」というミッションの実現を目指し、今後も多くの自治体、企業様を通じて、本製品の提供を広げて行くとしている。

関連URL

大東建託

「ポケトーク」

関連記事

注目記事

  1. 2021-4-16

    Bodygram、AI採寸テクノロジーが健康増進アプリ「QOLism(キュオリズム)」に採用

    Bodygram Japan(ボディグラム・ジャパン)は16日、QOLeadが提供する健康増進アプリ…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る