AI契約審査支援クラウド「GVA assist」、過去ナレッジ活用機能(ベータ版)をリリース

GVA TECHは2日、 AI契約審査支援クラウド「GVA assist」が、 過去ナレッジ活用機能をリリースしたと発表した。

今回リリースした過去ナレッジ活用機能は、「日々の審査実務で一度検討・作成された契約書・条文・コメント」を、Word上からGVA assistへとシームレスに保存することで、参考になる契約書データを活用するための過去契約書データベースを簡単に構築できる機能。

GVA assistにアップロードされた過去契約書データの条文は、社内の共通データベースとして、Word上からフリーワード検索で簡単に探すことができる。また、条文の内容だけでなく、Wordファイルに保存されている修正履歴や吹き出しコメントもGVA assistにデータとして蓄積・表示ができるため、条文の変更点や条文を修正した背景の把握、申し送りコメント作成の効率化に繋がるという。

各企業に修正済みのWordファイルは存在しているが、社員が容易に閲覧できる環境にデータとして集約・保管されておらず、参考になる条文を探すために、各々が毎回メールに添付されている契約書データを探しに行く企業も少なくなう。

結果、メールを探すことに時間が掛かるだけでなく、案件を担当した人しか探すことができずに、過去の審査実務で検討済みの条文を再利用できなかったり、その条文の存在を知らないがために、それぞれの法務担当者が毎回修正文を検討して、契約審査のナレッジを活用できていない課題があった。

そこで、審査終了時に「この契約書の条文は今後も利用できる」と思った契約書を、編集中のWordファイルからシームレスにGVA assistへアップロードすることで、過去契約書が後から活用しやすい形式で条文データベース化され、誰もが簡単に参考になる条文を修正履歴・吹き出しコメント付きで見つけて、再利用ができるようになる。

今回提供開始した過去ナレッジ活用機能はベータ版としてリリースされており、今後以下の追加開発を行う予定。
<現時点でのアップデート予定>
・保存先フォルダのサジェスト機能
・取引先名の自動取得機能
・上書き保存先となる過去ファイルの自動特定機能
・変更履歴ON/OFF機能
・契約書ファイルへのリンク機能
・簡易コピー&ペースト機能
・過去データの一括登録機能
・デザインアップデート
・関連条文サジェスト機能

なお、本機能は一度審査した契約書・条文の活用を通じて条文案などのリサーチ・作成を便利にするための機能であり、締結済みの契約書の保管・管理を目的とした機能ではない。

関連URL

GVA TECH

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る