AIRUCA、AI機能搭載ネットワークカメラモニタリングユニット「AiAir Mosaic」発売

AIRUCAは14日、超小型・軽量タイプのAI機能を搭載したネットワークカメラ用のモニタリングユニット(ビデオデコーダー)「AiAir Mosaic(アイエアー・モザイク)」を11月24日から発売すると発表した。

利用シーンは、カフェ、レストラン等の店内表示用モニター、マンション共有部分のエレベーター前、店舗、工場、病院、ホテル、スーパー、ホームセンター、学校、病院、商業施設等でプライバシー保護を必要とする監視カメラのモニタリングユニットを想定。

AiAir Mosaicの3つの特徴
1. 簡単にモザイク化やシルエット化でプライバシー保護
市販されている多くのネットワークカメラ機種に対応している。
2. 人物の骨格表示や人数計測も可能
骨格をオーバーレイ表示したり、計測した人数を他の端末へ通知できる。
3. 小型軽量、エコでメンテフリー
サイズは8.8㎝ x 7.5㎝ x 3.9㎝( W x D x H )で本体質量は300g。
消費電力は約12W、ファンレス仕様でメンテナンスフリー。

【AiAir View製品概要】
・多くのネットワークカメラに使用されているプロトコルであるRTSPに対応し、メーカーが混在した1000機種以上のネットワークカメラの映像にAI加工した映像をHDMI経由でモニターやテレビに表示できる。RTSPによる映像の再配信機能もあり、他のNVRやVMSで録画したり表示することが可能。また人数計測機能もあり、計測した人数をHTTPプロトコルで他の端末へ送信することも可能。

価格:オープンプライス
販売方法:直販および販売店経由
販売店:募集中

問い合わせフォーム

関連URL

AIRUCA

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る