AGRSIT、ロボットを活用した次世代農業をタカミヤと連携して鹿児島県東串良町で開始

ピーマン自動収穫ロボット「L」の開発を行うAGRIST(アグリスト)は11日、2021年12月に包括連携協定を結んだ鹿児島県東串良町で、2023年8月完成を目指し自動収穫ロボットを活用したピーマン栽培に向けて次世代農業ハウス建設を2023年3月に着工したと発表した。

次世代農業ハウスにはタカミヤ製のG-Castle Neo48を採用し、今後両社で更なる事業の加速を目指していく。

鹿児島県においてピーマンの一大産地である東串良町は、農業従事者の高齢化や人口減少を背景とした担い手不足が大きな地域課題となっている。この課題を解決するためにアグリストの開発するピーマン自動収穫ロボットとハウス・栽培をセットにした次世代農業パッケージが期待されている。

<役割>
アグリスト:ピーマン自動収穫ロボット「L」やロボットに搭載したカメラが収集したデータを活用した生産性の高い農業事業
タカミヤ:ロボットに最適化された次世代農業ハウスの設計・開発(
G-Castle Neo48)
ロボットを活用したスマート農業の九州拠点を、包括連携協定を結んだ東串良町につくる。

<アグリストとタカミヤによる次世代農業パッケージとは>
今後、東串良町のみならず自治体と連携したスマート農業の九州拠点としてモデルケースを構築することを目的として次世代農業ハウスを建設する。人とロボットが共存する先進的なスマート農業の活動拠点となる。

・ピーマン自動収穫ロボット「L」を活用した収穫
・CO2削減に向けた取り組み
・高軒高ハウス×養液栽培による高収量栽培
・データ活用による生産性の高い「人×ロボット農業」

関連URL

タカミヤ
アグリスト

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る