ダンボネット・システムズ、AI技術用いたAI睡眠見守りシステム「DC900」発売開始

ダンボネット・システムズは14日、最新のAI技術を用いたAI睡眠見守りシステム「DC900」の発売を開始すると発表した。

AI顔認証カメラ「DC77」で培ったAI顔認証技術を進化させ、CPUとNPU(AIアクセラレータ)チップセットの高速ハードウェア処理により、高度な睡眠状態診断を実現する。

同社では、独自のAIアルゴリズムを用いて複雑な睡眠パターン解析し、あらゆる状況下において平均90%以上の精度で睡眠状態を認識することに成功した。

例えば、うつぶせ寝も「している」「していない」だけでなく「しそう」という曖昧な判別も高度なAI処理により行う。

強力な処理能力により、1台に最大4台のWebカメラを接続して、別々の部屋を同時に見守ることができる。

また、幼稚園・保育園では、お昼寝の見守り、病院・介護施設では、睡眠見守りの他、転倒検知、離床検知を追加して行うことができる。

専用のカメラを使用する必要はない。天井、壁などの取付位置、また撮影範囲に合わせて、市販のWebカメラを接続することが可能で、DC900には8つのPoE対応LANポートも備え、配線工事をシンプルに行えるよう配慮している。

出荷時にすでに平均精度90%以上の学習は完了しているが、事例を積み重ねることで、AI学習により精度をさらに向上させることができる学習進化型のアルゴリズムを搭載している。

関連URL

「DC900」 
ダンボネット・システムズ

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る