「野球×AI」スタートアップのKnowhere、東京工業大学の青木尊之教授が顧問に就任

AIを活用したピッチャー向けの動作解析アプリケーションを開発するKnowhere(ノーウェア)は13日、東京工業大学 学術国際情報センターの青木尊之教授が顧問に就任したことを発表した。

青木教授(左)とKnowhere 伊藤 代表取締役(右)

青木教授はスーパーコンピュータ(スパコン)による流体力学シミュレーション研究の第一人者。これまで解明されていなかった「フォークボールが落ちる理由」について、スパコンを使った空気抵抗シミュレーションで解明したことでも注目を集めており、これまで多くのメディアでも取り上げられるなど話題となった。

ボールに対する空気抵抗の分析は、現在、メジャーリーグベースボール(MLB)でも多くの議論がなされており、非常に注目されている分野となっているという。

Knowhereでは、現在開発中のピッチャー向けAI動作解析アプリケーションに、青木教授が持つ世界トップクラスの精度のボール軌道シミュレーションのノウハウを生かしていく。

Knowhereは、2020年9月に「誰もがスポーツが上手くなれる環境を」をミッションに掲げ、スポーツにおけるデジタル活用を推進するスタートアップ企業として創業し、現在は野球に特化したスポーツAI事業に取り組んでいる。2021年12月には東京・外苑前で24時間・年中無休の室内練習場「外苑前野球ジム」をオープン。同ジムの経営とあわせてアプリケーションの開発を進めている。

人の感覚や経験などアナログに頼り効率的ではない野球のトレーニングに関して、データとアルゴリズムを活用したデジタル活用を進め、トレーニングの効率化や成果を高めることを目指している。

なおMLBの複数球団と交渉を重ねており、共同でのアプリ検証を実施しているほか、2023年中の米国展開を見据えて、資金調達を計画中。

関連URL

「フォークボールの落ちる謎をスパコンで解明」
Knowhere

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…
  2. 2024-5-17

    アイスマイリー、AIの導入を促進させる「生成AI導入ガイドブック」リリース

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは13日、AI導入推進の一環として、…
  3. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  4. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  5. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る