エヌエルプラス、Slack上で独自機能付きのChatGPTが利用可能な「コワーカー」提供開始

エヌエルプラス(NL+)は19日、Slack上でChatGPTが利用可能なコワーカー及びコワーカー導入支援サービスの提供を開始した。

コワーカーは、独自に開発したシステムを組み合わせることによってChatGPT単体だけでは回答できない内容についても回答が可能になっており、Google検索と連携することでChatGPTが扱えない直近の情報についても回答することなどが可能。

NL+の主力事業の一つであるBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)では定型業務が多く、効率化による事業インパクトが大きいため、これまで機密情報が漏洩しない範囲を前提としてChatGPTの活用を進めてきた。

活用を進めていく中で「最新の情報にアクセスできない」といった不満や「機密情報が漏洩しない形で社内文書にアクセスしたい」、「ミスを減らすために特定の業務が実行されていなければアラートを出してほしい」などの要望が出てきたため、APIを利用してSlack上で使用できるようにしていたChatGPTに独自システムを組み合わせたところ業務の大幅な改善を行うことができたため、導入支援サービスと併せてコワーカーの外部提供を開始することにした。

コワーカーはChatGPTのAPIを利用したSlackbotと独自開発したシステムを組み合わせたサービス。本サービスを利用することで、幅広くビジネスシーンで利用されているコミュニケーションツールのSlack上でチームメンバーに呼びかけるようにしてChatGPTが利用可能になる。また、ただChatGPTが利用できるようになるだけでなく、独自システムとの連携によってChatGPTが苦手とする直近の情報についても扱えるようになっている。また、Slackの特性を生かして、スレッド上のやり取りを踏まえた上で回答する。

「コワーカー」の機能と特徴

・365日24時間の自動回答

・slack上でメンションを指定するだけで利用可能

・ChatGPT単体ではできないことができる

・指定のルールに基づいたアクションをAIが判断して実行することができる

・Google検索にアクセスして最新の情報にアクセスすることができる

関連URL

問合せフォーム
エヌエルプラス

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る