ナイル、ChatGPT含む生成AI活用で社内業務の30%削減 新たに「Nyle Generative AI Lab」発足

マーケティングDX事業、自動車産業DX事業を営むナイルは21日、すでに社内業務に生成AIを活用しており、年間数億円以上の業務コストを削減できる見込みだが、新たに「Nyle Generative AI Lab」を社内組織として発足し、さらに生成AIの活用を加速させ、業務の大幅削減および新たな付加価値の創出を目指すと発表した。

ナイルでは、福利厚生として全社員に向け「ChatGPT Plus」を全額補助、またエンジニアを対象に「GitHub Copilot X」を導入をした。社内での積極的な生成AI活用が進んだことにより、年間数億円以上の業務コストを削減できる見込みだという。

そこで「Nyle Generative AI Lab」を発足し、実験的な生成AIの活用や、パートナー企業との協業などを行っていく。

活動内容
・社内での業務改善、効率化にむけた実証実験
・AIに関する最新情報の収集と発信
・マーケティング業務への生成AIの実装
・ChatGPT APIを活用した自社ツールの開発
・生成AIコンサルティングサービスを通した知見の提供 等

関連URL

ナイル

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る