ジェイック、ChatGPTを活用した自己PR&志望動機の作成・添削サービス「就活AI」リリース

企業向けの教育研修事業と若年層向けの就職支援事業を展開するジェイックは16日、ChatGPTを活用したAIによる自己PR&志望動機の作成・添削サービス「就活AI」をリリースした。

「就活AI」は、入力されたキーワードやエピソードに応じて、AIが自己PRのたたき台を作成。また、自己PRや志望動機の添削、フィードバックを実施してくれる。24時間365日無料で利用できることで、就活生や転職者が使いたいとき、すぐに使えることが特徴。面接練習AIや自己分析サービスとも連携しており、AIを活用して就職・転職活動の“タイパ”をぐっと高めることが可能。

現在、採用活動・就職活動におけるAIの活用が加速している。企業は生産性の向上や公平性の担保を目指し面接や書類選考にAIを活用するようになり、また学生も、AIを搭載した面接練習アプリなどを活用して効率よく面接練習を行っている。

学生の就職活動は、大学の授業や部活動・アルバイト等と両立させる必要があり、社会人の転職活動は、現在の仕事等と両立させる必要がある。

就職・転職活動では、自己分析や企業研究、履歴書作成、選考などさまざまなプロセスがあるが、“タイパ(タイムパフォーマンス)の向上”という点では、「自分にしかできないこと(会社見学や深い内観)に時間をかけて、AIを活用できる部分(自己PRのたたき台作成や志望動機の完成度向上)ではAIを活用する」ことが有効。

また、同社は、大学のキャリアセンターや就職課と連携して学生の就職支援を行っているが、その取り組みにおいても、「AIによる生産性アップ×人による質の高いケア」を両立させることで、より多くの大学や就活生を支援していきたいとしている。

上記のような背景から、今回同社は「就活AI」を開発した。「就活AI」をより多くの就活生や就活生の支援者に活用することで、就職活動において、自身が重要視することに時間を充てられる環境づくりを目指すという。

関連URL

「就活AI」
ジェイック

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る