アイスマイリー、対話型AI -Conversational AI-カオスマップを公開 ChatGPT連携サービスも掲載

AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは12日、話題の対話型サービスをまとめた「対話型AI -Conversational AI-カオスマップ」を公開したと発表した。掲載数は合計101サービス。

このカオスマップは、対話型AIのサービスを目的用途別に探せるようにチャットボットの「ChatGPT連携サービス」「社内外対応」「社内対応」「社外対応」や「ボイスボット」等のカテゴリに分け、合計101サービスをマッピングしている。作成にあたり参考にしたサービスURL、対話型AIベンダーを記載した一覧表(Excel)は、カオスマップ資料請求後に対話型AIツールの導入を検討している企業担当者に無償で提供する。

対話型AI(Conversational AI)とは、人とコンピューターとの会話を、より人同士の会話に近いものにするための技術。人があらかじめ質問を予測して回答例を覚えさせるのではなく、AIが人の質問に対し自動で回答を行うため、より自然な会話が実現する。自動での会話は自然言語処理や機械学習によるもので、会話をすればするほど精度も高まり、より人間同士に近い会話が可能。

AndroidのスマートフォンやGoogleのスマートスピーカーなどに搭載される「Google アシスタント」やiPhoneやiPadなどに搭載される「Siri」など音声によるもの、LINEや企業のWebサイト上でユーザーの問い合わせに回答するテキストによるものが代表的な対話型AI。

対話型AIは、カンバーセーショナルAIや会話型AIと呼ばれることもある。基本的にはどれも同じものであり、自動で人がコンピューターと会話をするもの。

現在、ChatGPT連携サービスの影響による対応精度の向上により、電話窓口やカスタマーサポートの業務効率化、顧客満足度向上をしたいという企業からの要望が沢山あるという。

AIsmileyではこれまで、チャットボットやボイスボット、また最近話題のChatGPT連携サービスの機能や価格を比較検討できる資料や、ビジネスシーンでの活用方法をまとめた事例集など、AI導入を検討している企業に向けて製品情報を提供してきた。

今回、対話型AIに関するニーズ増加と製品数が増加したことから「対話型AI -Conversational AI-カオスマップ」を作成した。

■「対話型AI -Conversational AI-カオスマップ」の入手方法
「対話型AI -Conversational AI-カオスマップ」希望者は、下記の問い合わせフォームから資料請求する。

問い合わせフォーム

関連URL

「AIsmiley」
アイスマイリー

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る