AI inside、マルチモーダルなAI統合基盤「AnyData」を提供開始

AIインフラの提供を通じてAI民主化を推進するAI insideは12日、AI開発・実装に求められるデータ基盤・学習基盤・運用基盤を全て包含した、マルチモーダルなAI統合基盤「AnyData」の提供を開始したと発表した。

ユーザーはデータを準備するだけで、任意の課題解決に寄与する高付加価値なAI実装が可能。

同時に発足した「InsideX」は、AIテクノロジーとその事業化に深い知見を持つプロフェッショナル人材を結集した経営層向けAI実装コンサルティングチーム。経営活動に資する潜在的なビジネス課題の発見から、AIドリブンなビジネス変革を実現するAI技術のアセスメント・構想・要件定義、AI実運用まで、「AnyData」や生成AI・LLMを活用して一気通貫で支援し、全社最適・新規事業創出に繋がる本質的なDXやデータドリブン経営の実現に貢献する。

AI inside は今回、マルチモーダルなAI統合基盤「AnyData」の提供を開始した。

「AnyData」は、構造・非構造化データを一元管理するとともにデータマートを生成する「データ基盤」、データ前処理や新たなAIモデルの生成・評価を行う「学習基盤」、性能監視やデータガバナンスも含め高品質かつセキュアなAI運用を可能とする「運用基盤」まで、AI開発・実装に求められる基本機能を全て包含している。各基盤が連動することで、実装後のAIはリアルタイムでメンテナンスできるため、AIライフサイクルの適切な管理と継続した改善を実現したAI運用を行うことができる。

AI inside のテクノロジーを複合的に活用し、数値・画像・テキストなど様々な形式のデータをマルチモーダルに処理しながら、ユーザー任意の課題解決に寄与する高付加価値なAIソリューションを生み出す。

「AnyData」を利用するユーザーは、データを準備するだけで、AIやITなどに関する高度な知識・技術を新たに習得する必要なく、ビジネス成長や社会課題解決など本来時間を注ぐべき役務に集中しながら、AIをビジネスに組み込むことが可能となる。

なお、「学習基盤」は、AI inside がこれまで提供してきたノーコードAI開発・運用ツール「Learning Center」を統合したもの。引き続き「AnyData」の一機能として提供する。

関連URL

「AnyData」に関する問い合せ
「InsideX」に関する問い合せ
AI inside

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る