Backlog、課題内容やコメントを要約する「AI要約」機能のβ版を今秋公開

ヌーラボが提供しているプロジェクト管理・タスク管理ツール「Backlog」は3日、OpenAI社が提供するOpenAI APIと連携した「AI要約」機能のβ版を、2023年秋に公開することを決定したと発表した。この連携機能により、Backlogの課題内容とコメントをワンクリックで要約することが可能になる。

Backlogは、登録したタスクごとにタスクの内容やコメントを集約できるため、情報共有や業務引き継ぎがしやすくなることが特長。しかし、課題が複雑で完了までに要する期間が長くなるほど、コメント数が増え、そのやりとりを認識する負荷が高くなっていた。

公開予定の「AI要約」は、タスクごとに記載された内容とコメントを要約することが可能。
この機能を利用するためには、各社で契約のOpenAIよりAPIキーを発行し、Backlogの各スペースごとに、管理者がAPIキーを登録する必要がある。

「Backlog」は、3つの強みを有するプロジェクト管理・タスク管理ツール。
1. 業界・業種を問わず使用できる親しみやすいデザインと操作性
2. タスク管理のみならず、Wiki、Git、ガントチャートなどの豊富な機能がオールインワン
3. 人数無制限のため、価格を気にせずチームメンバーを招待可能

「Backlog」サービスページ
導入事例

関連URL

ヌーラボ

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  2. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  3. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  4. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  5. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る