AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、自動レビュー機能が「事業譲渡契約」に対応

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を提供するLegalForceは5日、和文での「事業譲渡契約」の自動レビューを開始したと発表した。これにより「LegalForce」のレビュー可能類型は、50類型(英文契約類型も含む)まで拡充した。

「事業譲渡契約」は、企業が事業の全部または一部を他企業に譲渡する際に締結される、M&A(合併・買収)関連の契約の一つ。他のM&A関連の類型と異なり、譲渡の対象になる資産や負債、契約関係などを当事者間で自由に選択することができるため、契約書作成時に検討すべきポイントも案件ごとに異なるなど、契約審査には一定の習熟も求められる類型。

M&Aの取引形態には様々なものがあり、法務実務においてより幅広いニーズに対応するため、今回、「株式譲渡契約」に次いで多くの利用が見込まれる「事業譲渡契約」について自動レビューに対応した。これにより、M&Aの取引形態に応じて活用する類型を選択可能になる。

今回の「事業譲渡契約」の類型拡充で、重要な条項の抜け漏れや不利な条項の見逃しを防ぎ、契約書審査の質を高め、よりスピード感をもった契約交渉の促進にもつながるという。また、「事業譲渡契約」の契約審査は、非常に時間と労力がかかる契約であるため、心理的な負荷を下げる役割も果たすことが期待できる。

今後も「LegalForce」では、業界再編や後継者不足などの理由から国内でのM&Aの件数増加が見込まれることを考慮し、M&A関連契約のAIレビュー対応類型拡充を強化していくとしている。

関連URL

「LegalForce」 
LegalForce

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る