お人好しLab、ChatGPTを活用したバーテンダースマホアプリ「チルバー」リリース

お人好しLabは15日、話題のAI技術「ChatGPT」を用いた新たなスマホアプリ、「チルバー」をリリースしたと発表した。「チルバー」は「お酒の悩み」に24時間対応で応える。

お人好しLabは、「最新のテクノロジーを用いて人々の日常を豊かにする」ことを目指している。「チルバー」は最先端のテクノロジーであるテキスト生成AIと、日々の生活を少し良くしてくれる存在であるお酒を掛け合わすという発想から生まれた。

このアプリを通じて、お酒がもたらす楽しみ、喜び、そして学びを、もっと多くの人々と共有したいという。

「チルバー」は、お酒に関する情報を提供するだけでなく、お酒をより深く楽しみ、知識を深めるための必須ツール。お酒好きにとって欠かせないアプリ、それが「チルバー」だという。

「チルバー」の機能
・お酒の悩み解決:「今日は何を飲みたい?」や「このカクテルはどう作ればいい?」など、お酒に関する悩みや疑問に24時間対応する。
・お酒の知識:お酒の基礎知識から、製法や成分、ワインの品種やビールのスタイル、さらにはウィスキーや日本酒の特性まで、幅広いお酒の知識を提供する。
・カスタマイズされたおすすめ:お酒の好みや興味に基づいて、おすすめの商品やカクテルを紹介する。新たなお酒の発見や、今まで試したことのないカクテルの作り方を学ぶことができる。
・飲み会のアドバイザー:飲み会の前に相談し、友人に自慢できる情報を手に入れることも可能になる。「どんなお酒を用意すればいいのか」「食べ物とのペアリングは?」などの質問にも答える。
・アクセシブル:いつでもどこでも、スマホ1台でお酒の専門家をあなたの手元におくことができる。

関連URL

「チルバー」iOS版のダウンロード

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る