富士ソフト、「全日本ロボット相撲大会2023」開催 決勝大会は2023年12月に国技館で

富士ソフトは、「全日本ロボット相撲大会 2023」を開催する。4年ぶりとなる地区予選会を国内3カ所で開催、決勝大会は12月に両国国技館にて開催する。

決勝大会には地区予選会の上位入賞チームのほか、「高校生ロボット相撲大会」、「高等学校ロボット相撲選手権」、さらに海外の公認大会を勝ち上がった多数のチームが出場予定。

「全日本ロボット相撲大会」は、ロボット作りを通して「ものづくり」の楽しさを知ってもらう場を提供することを目的に、1989年から開催しているロボット競技大会。ロボット相撲は、参加者が自作したロボットを力士に見立て、技術とアイデアで相手を土俵から押し出すことで勝負が決まる。

2020年からコロナ禍により大会の開催を見送り、2022年は両国国技館で予選会・決勝大会を開催した。今回は、4年ぶりに地区予選会を国内3カ所で開催する。

12月の決勝大会には、地区予選会の上位入賞チーム、全国工業高等学校長協会主催「高校生ロボット相撲大会」の地区大会上位3チーム、イオンモール主催「高等学校ロボット相撲選手権」の地区大会上位2チーム、さらに海外の公認大会を勝ち抜いた最大29カ国58チームが出場予定。相撲の聖地 国技館で、熱戦を勝ち上がってきたロボット力士達が一堂に会し、横綱を目指して戦いに挑む。

また昨年に引き続き、安全性が高く、誰でも容易に取り組みやすい500gクラスのロボットを対象とする「ロボット相撲500g級プレ大会」を、決勝大会と同時に開催する予定。

開催概要

スケジュール:
9月10日(日)関東予選会(東京工芸大学 神奈川県)
10月1日(日)九州予選会(福岡工業大学FITアリーナ 福岡県)
10月22日(日)近畿予選会(大阪府立布施工科高校 大阪府)
12月9日(土)、10日(日) 決勝大会 (両国国技館 東京都墨田区)
*対戦の様子はオンライン配信を行う予定。一般の人の来場、観戦はない。

関連URL

全日本ロボット相撲大会(ロボット相撲大会)
富士ソフト

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  2. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  3. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  4. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  5. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る