フォースネット、ChatGPTを安全に使える生成AI専用アプライアンス「Chat AI BOX」販売開始

ネットワークのインテグレーションやクラウド型VPNサービスのリーディングカンパニーであるフォースネットは、自社環境(オンプレミス)で安全に利用できる生成AI専用アプライアンス「Chat AI BOX」を7月3日から販売、提供を開始する。

今回、フォースネットが開発したオフィス環境で利用できる専用アプライアンス「Chat AI BOX」は以下の特徴を持つ。

・安心安全な生成AI利用を促進
「Chat AI BOX」は、APIを利用することで、入力した情報をクラウドシステム側に学習させない仕様のため、情報漏洩等のセキュリティリスクを低減させる。

また、本体も社内のLAN環境に設置して利用されるため、他のクラウドサービス型のようにインターネット経由での不正なアクセスや攻撃を受ける心配がない。

現在、「Chat AI BOX」はOpenAI社のChatGPT v3.5およびv4.0に対応しているが、Google社のbardや企業が独自に構築する蓄積型AIシステム等、今後出てくる様々な生成AIシステムを統合利用することを目指したマルチAI設計となっており、今後もAIの進化にとともにアップデートしてゆく計画。

・プライバシーに配慮したログ管理機能
通常、生成AIサービスを従業員が利用する場合、各ユーザー単位でアカウントが異なるため、従業員が入力した情報に関して会社側で把握や管理することは困難。

今回開発した「Chat AI BOX」では各従業員が入力した情報の履歴を機器内に蓄積する機能を持ち、管理者が閲覧/確認する機能を有しているため、野放図になりがちなAI利用を企業側で把握することが可能。

このログ情報は従業員個人を特定できる情報は削除された形で保存されており、従業員のプライバシーにも最大限配慮された設計となっている。

・簡易な導入/充実の運用管理
「Chat AI BOX」導入にあたって、新にネットワーク機器や購入や、インターネット回線の変更や固定IPの取得、ネットワーク機器の設定変更等の作業は必要ない。

今あるユーザーの社内LAN環境に「Chat AI BOX」を接続するだけで、セットアップも遠隔から行うことができるため、申し込みから最短で利用を開始することができる。

また、導入された「Chat AI BOX」はフォースネットの運用監視システムにより24時間365日遠隔監視されており、安心して利用し続けることができる。

「Chat AI BOX」価格

【サイズ】 縦200mm×横210mm×幅45mm

提供価格は以下を予定している。
本体(レンタル提供):10万円/月額 (運用監視含む)
初期設定費用:20万円
AI利用料:1万円〜(上限設定可能)

発売記念、100社限定半額キャンペーン
100社限定で以下の特別価格で販売を行う。
申し込み上限に達した際は、通常価格での提供となる。
本体(レンタル提供):5万円/月額(半額)
初期設定費用:10万円(半額)
AI利用料:1万円〜(上限設定可能)

関連URL

「Chat AI BOX」
フォースネット

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る