埼玉県、業務での生成AIの活用を開始

埼玉県は18日、デジタルを活用して業務を効率化し、職員の力をより創造的な業務に振り向けていくため、7月20日から庁内で完結する業務における生成AIの活用を開始すると発表した。

生成AIの利用にあたっては、「安全に使える環境整備」「スキルに見合った活用範囲」「職員のスキルアップ」という3つの要素を三位一体で進めるとしている。

生成AIの活用方針

1 基本方針
安全な環境で生成AIを使いながら、職員のスキルを高め、段階的に活用範囲を広げていきます。
2 ガイドラインの策定
生成AIを安全かつ的確に活用するため、必要となる8つのルールを定めたガイドラインを策定しました。
「生成AIを利用するには、事前に講習を受講すること」「機密情報の入力は禁止」など職員が遵守すべき事項を定めています。
3 活用範囲に応じた講習
生成AIの入門編となるレベル1の講習は、生成AIの基本知識や遵守すべきルールを学び、効果測定テストに合格すると、庁内で完結する事務に生成AIを活用することができます。
今後、県民サービスへの活用など生成AIの活用範囲を広げていく場合には、それぞれの領域で必要となる、より高度な知識等を学ぶ講習を拡充していきます。
4 職員のスキルアップ
今月20日に開始するレベル1の取組の主な目的は、情報収集、アイディア出し、文章要約など庁内で完結する事務に生成AIを導入し、職員が日常的にAIを使いながら、プロンプト(AIに対する指示)のスキルを高めていくことにあります。

関連URL

埼玉県

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…
  2. 2024-5-17

    アイスマイリー、AIの導入を促進させる「生成AI導入ガイドブック」リリース

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは13日、AI導入推進の一環として、…
  3. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  4. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  5. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る