Carelogy、猫の痛み検知AI「CPD」国・地域別ユーザー数ランキングTOP10

AIを活用したペットテック事業を展開するCarelogyは19日、猫の痛み検知AI「CPD(Cat Oain Detector)」のユーザーが世界45か国を超えたため、ユーザー分布を調査、人気地域・国ランキングTOP10を発表した。

1位:日本
当然だが、「CPD」は日本語で初期リリースされたサービスということもあり、日本が最もユーザーの多い国という結果になった。
2位:香港
CPDは現在、日本語・英語のみの対応だが、香港でも人気を博しており、ブラウザの自動翻訳機能などを駆使して利用している。急ぎ、言語対応を進めていくという。
3位:ロシア
こちらも英語圏ではない、ロシアが3位とった。
こちらも同様にブラウザの翻訳機能を使って利用しているケースが大半なので、ロシア語対応も進めていく。
4位:アメリカ
飼い猫頭数が世界一のアメリカは4位となった。
5位:台湾
台湾で有名なインフルエンサーに取り上げられ、台湾のユーザーが急速に拡大した。
言語対応も行いつつ、日本と物理的に近いエリアについては、猫系のイベントなどに出展を予定している。
6位~10位
6~10位では、中国、イタリア、フランス、ブラジル、ウクライナと続き、猫の飼育頭数の多い国がメインとなっている。(日本は世界9位)

地域・国によって言語は違えど、家族の猫に対する想いは同じ。

多言語展開を進め、世界の幅広い地域で「CPD」が利用される体制の構築を急ぎ、猫の飼い主にとっての「医療の民主化」を実現できるようなサービス体験の向上に努めていくという。

CPDの利用方法
Webサイトにアクセス、または下記のQRコードからアクセス。


関連URL

Carelogy

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  2. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  3. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  4. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  5. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る