ユニメディア、AI OCR「LAQOOT」に月額費用1万1000円の新プラン登場

ユニメディアは15日、2017年から提供しているAI OCR 「LAQOOT」に、新しいラインアップとして「LAQOOTミニ」を追加し、7月1日からサービス開始すると発表した。

従来の「LAQOOT」と異なり、月額費用1万1000円(税込)、1カ月から利用可能となり、より手軽にAI OCRが利用できるという。利用者は、社内に蓄積している紙の帳票をデータ化し、業務効率を向上させる事が期待できる。

AI OCR「LAQOOT」は2017年提供開始。AI(人工知能)とクラウドワーカーのハイブリッドによるデータ化により、認識精度を限りなく向上させることに成功し、他サービスとの差別化をして提供してきた。

紙データの大量入力処理をしている企業の、業務効率化やコスト削減を実現するために導入されている。また、システム提供方法として、OEM、APIでの提供も可能となっている。

同社は、今後もクラウドーソーシングサービスを通じて、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)をサポートするとしている。

関連URL

「LAQOOT」

「LAQOOTミニ」

ユニメディア

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る