令和AI、ChatGPT等のLLMによるハードウェア制御のソリューションを発表

令和AIは23日、ChatGPTに代表される大規模言語モデル(LLM)を活用した、ハードウェア等外部リソース制御の領域におけるソリューション「SnippetBox」を発表した。

また、ソリューションの一部分をフリーAPI版「SnippetChecker」として無料公開し、Pythonパッケージとして提供する。フリーAPI版「SnippetChecker」は、商用非商用問わず誰でも利用できる。

現在、テクノロジーの進歩により、ロボットやドローンなどの先進的なハードウェアの活用が進められている。

しかし、そうした先進的なハードウェアは、その操作もまた高度化しており、安全に利用するためには、人間が長い時間をかけて様々な技能を学習する必要がある。

令和AIは、そうした状況を終わらせるために、AI技術を活用したいと考えているという。

マン・マシン・インターフェイスとしてのAIは、AIの側が人間の側に寄り添うことで、誰でも直感的に、高度なハードウェアを利用できることを目的としている。

□ マン・マシン・インターフェイスとしてのAIの概念図

AIによるマン・マシン・インターフェイスの代表的な応用が、LLMを使用した、自然言語指示によるハードウェア制御。

ChatGPTに代表される高度なLLMを使用することにより、人間が、普段から使用している「言葉」を使って、先進的なハードウェアを操作できるようになる。

AIによるマン・マシン・インターフェイスの実現には、AI-マシン・インターフェイス領域での技術の確立が求められるが、LLMによるハードウェア制御の分野では、制御のための部分的なプログラムコード(スニペット)を生成させ、その生成コードを実行することで、リソース制御を行う手法が用いられる。

こうした手法は、マイクロソフトが論文「ChatGPT Robotics」で提案した手法に基づいており、現在一般化が進んでいるという。

関連URL

令和AI

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る