インター・ラボ、AIプレスリリース自動生成サービス「PRつくるくん」提供開始

インター・ラボは22日、ChatGPTを活用し、プレスリリース作成用に最適化されたプロンプトでプレスリリース文章を自動生成する「PRつくるくん」をリリースした。

プレスリリースを書いたことがない、ChatGPTを触ったことがないという人でも、簡単に魅力的なプレスリリースを作成できるツール。

プレスリリース作成は、企業や団体にとって重要な情報発信手段だが、「専任の担当者がいない」、「作成に時間がかかる」、「プレスリリース文書の書き方が分からない」といった悩みや、課題がある。

「PRつくるくん」は、そういった課題を解決するプレスリリース作成に特化したサービス。ChatGPTの優れた自然言語処理技術を活用することで、プレスリリースの自動生成を可能にした。

昨今、文章を自動生成するAIツールは増えてきているが、「PRつくるくん」は文章生成だけでなく、タイトル考案、段落構成提案や、文量評価、内容評価まで、プレスリリース作成における業務を一気通貫し、効率化を図れる。プレスリリースを書いたことがない、ChatGPTを使ったことが無いという人でも、手間をかけず、高品質で魅力的なPR文を素早く作成することが可能。

機能1:プレスリリース自動生成
ユーザーが会社概要や作成したいリリース内容を入力し、あとはクリックしていくだけでOK。プレスリリースを自動生成する。さらに、段落の構成やタイトル、リード文もクリック一つで自動生成が可能。ユーザーが入力した文章をChatGPTでリライトすることもでき、より適切な表現にすることもできる。生成された文章はコピーして、プレスリリース配信サイトに張り付けることが可能。

自動生成により、今まで時間のかかっていたプレスリリース作成業務を大幅に効率化する。

リリース内容は以下6種類に対応
・イベント ・新商品 ・リニューアル ・調査報告 ・キャンペーン ・その他

機能2:文量評価機能
文量評価機能により、タイトル・リード文・本文のそれぞれの文量を評価する。リリース内容に合わせた適切な文量を提示することで、プレスリリース作成において最適な長さを簡単に把握できる。情報の過不足を調整し、プレスリリースの品質向上をサポートする。

機能3:AIによる内容評価
AIによる内容評価機能により、AIが文章の内容を的確に分析し、情報の正確性や伝達効果を評価する。修正点がすぐさまわかり、見出しや本文の表現をより効果的な文章に改善することが可能。この機能により、専任の担当者でなくとも、正確でより魅力的、効果的なプレスリリース文章の作成を可能にする。

「PRつくるくん」を体験

関連URL

「PRつくるくん」
インター・ラボ

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  2. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  3. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  4. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  5. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る