東京都、「文章生成AI利活用ガイドライン」の策定

東京都は23日、東京都職員向けに、文章生成AIの利活用に関するガイドラインを策定したと発表した。

本ガイドラインの職員への浸透を徹底するとともに、全局で約5万人を対象に利用できる環境を整備、今後業務への活用を進めていくという。

ガイドラインは下記の通り。


1目的
文章生成AIに関する利用上のルールを定めるとともに、効果的な活用事例を掲載し、職員が新しい技術を正しく使いこなすことで、行政サービスの質を高め、都政のQOS(Quality of service)向上へとつなげていく。

2概要(別紙1参照
(1) 文章生成AIの特徴
(2) 利用環境
(3) 利用上のルール
(4) 効果的な活用方法
(5) 今後の展望

3 公表資料
デジタルサービス局ホームページから御覧いただけます。

4 その他
本ガイドラインの策定にあたって、(別紙2)の有識者にご意見を頂戴しました。

*記以下(原文ママ)

関連URL

東京都

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る