TANOTECH、介護ロボット開発事業がFuture Care Lab in Japanでの実証実験を開始

TANOTECHは13日、厚生労働省が推進する「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム構築事業」において、SOMPOホールディングスとSOMPOケアがプロデュースするリビングラボ「Future Care Lab in Japan」での実証実験を開始すると発表した。

同社が開発・販売する「非装着・非接触型の自立支援ツール TANO」を用いて、介護現場でのレクリエーション業務や体力測定における職員の負担軽減を主とした実証を「Future Care Lab in Japan」で開始した。

すでに200施設以上にTANOは導入しているが、レクリエーションや測定にかかわる施設職員作業負担についてどの程度軽減し、安全性や費用対効果があるかを検証するとともに蓄積したデータを今後の製品開発に活用する。

同社は「Future Care Lab in Japan」での実証実験において、TANOの介護現場における有用性や新たなニーズ・課題を見つけてアップデートしていくことにより、国内における介護ロボットの普及促進、技術向上に寄与していくとしている。

関連URL

「Future Care Lab in Japan」

TANOTECH

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る