CAPXLE、体感型ドローン・シミュレーションゲームβ版「CAPXLE DRONE」をリリース

CAPXLEは8月31日、ドローンのリモート操縦プラットフォームの開発を見据え、ドローン操縦士育成の為のドローン・シミュレーションゲーム「CAPXLE DRONE(カプセル・ドローン)」のβ版をリリースした。

「CAPXLE DRONE」は、画像認識AIを活用したハンドサインによる直感的な操縦インターフェース「Hand Controller」を用いることで、専用の操縦機無しでスマホやPCからドローンの操縦ゲームを気軽に楽しみ、ドローン操縦スキルを高めることが可能となる。

PC、スマホがあれば、どこでもシミュレーションゲームでスキルを高めることができ、今後、同社で現在開発中のドローンリモート操縦プラットフォームを通じ、遠隔地のドローンを操縦して、収入を得ることが可能となる。

■シミュレーションゲーム「CAPXLE DRONE」概要
ドローンをハンドサインで操縦し、リアルに体感できるシミュレーションゲーム。
<PC /Mac 版>
・PC/Macのカメラにハンドサインを映して操作
・ジョイスティックコントローラーをPC/Macに接続して操作

<スマートフォン版>
・VRゴーグル筐体にスマートフォンを差し込んでハンドサインで操作
*スマートフォンのアウトカメラがオープンになっているVRゴーグルが必要となる。
・スマートフォンのインカメラでハンドサインを映して操作

<PC /スマートフォン画面イメージ>

 

<VRイメージ>

「Hand Controller」は、カメラに向けて手を動かすことで、骨格推定AIが手の動きを認識し、コントローラー等を用いることなく操作が可能となる技術。同社はこの「Hand Controller」の特許を申請中であり、今後は以下のような活用を検討している。

・建機や農機など様々な機械をリモート操縦する場合、専用の操縦機や専用コクピットが必要だったが、「Hand Controller」を活用することで専用機器を用意する必要がなくなり、低額でリモート操縦を導入することが可能となる。

・シミュレーションゲームで得られた操作データを用いて、「Hand Controller」の精度を向上させ、作業車や自動車、ロボット等の様々な機会に応用可能な操縦インターフェースとして、産業向けの汎用コントローラーを洗練させていく。

「CAPXLE DRONE」のダウンロード
iOS版
PC版
Mac版

関連URL

CAPXLE

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る