PFU、高精度な文字認識を実現するAI-OCRソフトウェア「DynaEye 11」新ライセンス販売開始

PFUは5日、高精度な文字認識を実現するAI-OCRソフトウェア「DynaEye 11」の新ライセンスとして、中小規模の事業者様や小規模の自治体向けに低価格で導入できる「Lite版ライセンス」と、SaaSベンダー向けにAI-OCRを自社サービスに組み込み可能な「SaaS組み込み向けライセンス」を販売開始した。

Lite版ライセンスは「手軽にAI-OCRを始めたい」との中小規模事業者や小規模自治体のユーザーからの声に応え、利用枚数に上限を設けることで、これまで以上に低価格で導入できる商品。従来商品の全機能はそのまま利用でき、利用上限枚数も年間6000枚、ひと月あたりの利用枚数の目安500枚と中小規模の事業者には十分な利用枚数を設定。安心して導入できる。

また、SaaSベンダーからの「自社サービスの付加価値向上のためAI-OCRを使いたい」「安全かつレスポンスの早いAI-OCRを使いたい」との要望にも応えるため、「SaaS組み込み向けライセンス」を用意した。サービス内に組み込めるため、高精度はもちろん、セキュアな環境でレスポンスも早いAI-OCR機能を実装することが可能になる。

さらに、事務集中センターやデータセンターで大量なAI-OCRをサーバで処理されているBPOや金融系のユーザー、および同業種向けにシステム開発しているSIer向けに、サーバ用途向けAI-OCR商品のライセンス体系を見直し、より購入しやすい価格で提供する。

今回、同社は顧客ニーズに応えるため、より多くの顧客がDynaEye 11を利用できる新しいライセンスを提供開始する。併せて、自社の事務集中センターやデータセンターでの大量なデータ入力業務にAI-OCR活用を検討している顧客向けに、サーバ用途向けAI-OCR商品のライセンス体系を見直た。

60日間機能制限なし(枚数制限なし)で利用できる「DynaEye 11 Entry Lite AI-OCR」、「DynaEye 11 Entry Lite」の無償評価版を5日から商品紹介サイトで公開している。

「DynaEye 11」商品紹介サイト

関連URL

PFU

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る