パナソニックのAI-OCR「注文書・請求書AI-OCR」が4つの新機能でバージョンアップ

パナソニック ソリューションテクノロジーは21日、経理・営業支援業務向けAI-OCR帳票認識ソリューション「WisOCR for 注文書・請求書」のバージョンアップ版をリリースしたと発表した。

この度のバージョンアップでは、インボイス制度対応に必要な適格請求書での必須記載事項6項目の読み取り機能を含む4つの新機能が追加され、業務効率化を強力にサポートする。

バージョンアップの概要
【4つの新機能】
・適格請求書に必要な6項目の読み取り機能を追加
・信頼度チェック
・マスター情報から後続のシステム連携に必要な情報を自動補完
・スキャン画像のファイル名自動設定

経理・営業支援業務向けAI-OCR帳票認識ソリューション「WisOCR for 注文書・請求書」

関連URL

パナソニック ソリューションテクノロジー

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  2. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  3. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  4. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  5. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る