アイスマイリー、アノテーション2023年下半期特集号を公開

AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは13日、AI導入推進の一環として、アノテーションサービスのユースケースや製品の特長をまとめた「アノテーション2023年下半期特集号」を公開した。

本書では、AI開発の肝となる教師データの活用ポイントを中心に、実績のあるAI企業5社が事例やユースケースを紹介する。

アノテーション(Annotation)は、情報やデータに対して注釈やマークを付けるプロセスや行為を指す。

その対象は幅広く、データセット、図表、文書、写真、地図、ビデオ、音声など多くのメディアや情報に適用される。このプロセスを踏むことで、データの品質向上や情報の抽出、機械学習モデルのトレーニングなど、様々な目的を達成することが可能となる。

■アノテーションサービス提供企業
・キャリア・マム
└「専門性を活かす、精度の高いアノテーション」
・ソフトバンク
└「良質なデータにより AI 精度を 28% 向上も」
・ヒューマンサイエンス
└「教師データ活用におけるデータ品質の重要性」
・FastLabel
└「AI の精度に直結する教師データ作成を徹底的に効率化」
・矢崎総業
└「難易度が高い案件こそ、“ 社員 ” が活きる」

■「アノテーション2023年下半期特集号」の入手方法
「アノテーション2023年下半期特集号」(PDF)希望者は、以下問い合わせフォームに必要事項記入の上、お問い合わせ内容欄に「アノテーション2023年下半期特集号」希望と記載し送信する。

問い合わせフォーム

問い合わせ完了後に登録されたEメールにAIsmileyの担当から「アノテーション2023年下半期特集号」(PDF)をメールにて送付する。

関連URL

「AIsmiley」
アイスマイリー

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る