TOKIUM電子帳簿保存、AI-OCRを採用した新プランの提供を開始

支出管理クラウド「TOKIUM」を提供するTOKIUMは27日、文書管理クラウド「TOKIUM電子帳簿保存」に、新たにAI-OCRプランを追加し、提供開始した。今回のプラン拡充により、顧客の状況に合わせた電子帳簿保存法への対応を実現する。

今回、新たに追加されたAI-OCRプランでは、取引関係書類の取引先名や金額などをAI-OCR技術を活用して自動でデータ化し、電子帳簿保存法に準拠した形で保管・検索することが可能。

AI-OCRプランは、電子帳簿保存法の完全義務化が迫る中、TOKIUMのプロダクトマネージャーが顧客と直接対話し、課題やニーズをヒアリングする中で、「入力の手間を抑えつつ、安価に電子帳簿保存法に対応したい」という声を受け、新たに開発されたもの。費用とデータ入力にかかる工数のバランスがとれたプランとなっている。

一方で、より高いデータ化精度を求めたい顧客、紙の保管も代行し、作業の手間を一層削減したい顧客には、オペレーター入力プランをすすめている。

新たなプランの追加により、これまで以上に顧客の状況に合った電子帳簿保存法への対応が可能となった。TOKIUMは今後も、電子帳簿保存法への対応強化や経理業務効率化を支援するため、サービス品質の向上に努めていくという。

関連URL

「TOKIUM電子帳簿保存」
TOKIUM

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  2. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…
  3. 2024-2-16

    生成AIを通してファッションの新たな領域を切り開くイベント「TOKYO AI Fashion Week」開催

    ファッションとAIを始めとした最新テクノロジーをかけ合わせたサービス・プロダクトの開発に取り組むOp…
  4. 2024-2-8

    パナソニック コネクト、検知対象の追加や精度向上が可能な AIカメラ9機種 取扱い開始

    パナソニック コネクトは7日、i-PROの業界初となる設置現場に応じたAI追加学習を可能とするAIア…
  5. 2024-2-5

    AIポータルメディア「AIsmiley」、”生成AIで業務改革ウェビナー”を限定開催

    アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、"生成AIで業務改革ウェビナー"…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る