シナジー研究所、生成AIと業務システムを融合する「fusion AIサービス」提供開始

シナジー研究所は19日、生成AIであるChatGPTを利用して業務システムの自然言語による操作を可能にする、「fusion AI(フュージョン・エーアイ)サービス」の提供を開始したと発表した。

各種の業務システムを利用するユーザー企業は、このサービスの利用により、業務システムへの最小限の改修で、自然言語インターフェースを利用できるようになる。

その結果、業務領域の専門用語に精通していない、経営者や、部門管理者でも、情報の検索や更新が行えるようになる。より広範なユーザーが参加することで、システム利用が促進され、従来のIT投資を一層効果的に活用できるようになる。

タスク管理の例
業務の例としてプロジェクト管理の場合、経営者なら「XYZ物流センタープロジェクトの進捗率を教えて」とか、部門管理者なら「今月忙しい人を一覧表でみせて」のように、自分の発想や関心に沿った自然な語彙を用いて自然言語インターフェースに話しかけ、結果を手にすることができる。以下の図は、ChatGPTと連携するタスク管理システムに対して、経営者が自然言語で問いかけている様子。

適用対象となる業務システムの種類に特に制約はない。その代わりに、fusion AIでは、多くの組織にとって身近なテーマであるタスク管理を題材とした説明資料やデモ・システムを用意している。業務システムとして、オープンソースのタスク・プロジェクト管理システムであるREDMINE(レッドマイン)を選択し、参照実装と説明資料の作成を行った。

この参照実装は、AI関連サービスをユーザーに提供するために開発されたCAFE(会話型アプリケーション・フロントエンド)上で行われている。タスク管理の題材において、CAFEは、Chat GPT APIのPlugin機能と、業務領域APIであるREDMINE APIを駆使して、ユーザーにREDMINEに対する自然言語インターフェースを提供している。

タスク管理の参照実装においては、日本語、英語、フランス語などのいくつかの主要言語で問題なく会話が成立すること、また必要に応じてタスク管理データベース内のデータの翻訳もCAFEに対して依頼できることが確認できている。そのため、特に、国際的な利用が求められている業務システムにおいては、fusion AIサービスによって低コストでその国際化ができると期待される。

fusion AIサービスは、このような自然言語インターフェースを、タスク管理以外の広範な業務システムのバリエーションに対して提供することができる。例として、CRM(顧客関係管理)、HRシステム、ERP、生産管理、図面管理、IoT関連システム、BIなどがあげられる。これらは、自社開発でもパッケージシステムでも、また、オンプレミス配備でもクラウドサービス上のシステムでも対応できる。

業務システムとの連携のためには、通常は業務システム側にAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)が必要だが、fusion AIサービスとしてそのAPIの開発を行うこともできる。

「fusion AI」
「fusion AI」についての問い合わせ

関連URL

シナジー研究所

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る