KDDIエボルバ、静岡ガスのWebサイト内にAIチャットボットを導入

KDDIエボルバは21日、静岡ガスのWebサイト内にAI・高性能チャットボット「スグレス」を導入・構築し、9月から運用を開始したと発表した。

静岡ガスは、静岡県の中部から東部を主なエリアとして、都市ガスや電気、くらし関連サービスを提供する事業者。主力事業である都市ガスの顧客数は、約32万件になる。今回、カスタマーサポートを必要とする多くの顧客に対し、より気軽に利用できる案内窓口の提供を目指し、AIチャットボットを導入した。

AIチャットボットは、静岡ガスのWebサイトから利用でき、顧客が入力した質問から導き出す最適な回答をチャット形式のテキストや画像で自動応答する。顧客は、スマートフォンやパソコンから24時間365日いつでもどこからでも各種手続きや料金、サービスや機器・設備、会員サイトなどを気軽に問合せし、自己解決できるようになる。

今回KDDIエボルバが設計・構築したAI・チャットボットの対話エンジン「スグレス」は、回答の信頼度が高いとチャットボットが判断した場合にはダイレクトに回答。別の回答候補が想定される場合には、顧客に質問や類似質問候補を提示するなど、回答の信頼度に応じて柔軟に対応する特長がある。

なお、静岡ガスのAIチャットボットは、提供開始から10日間平均で81%の正答率で稼働しており、静岡ガスのお客さまから好評を得ているという。今後も、顧客の疑問の早期解決に役立つデジタルチャネルとして利用が進むものと期待しているという。

KDDIエボルバは、今後、静岡ガスのAIチャットボットの運用を継続し、サポートする。コンタクトセンターとAIチャットボットの構築・運用ノウハウを基に、AIチャットボットから効率的に集めたお客さまの声のコンタクトリーズン分析を行い、一層の回答精度向上に取組み、静岡ガスと共に顧客の利便性とCX向上に取り組んでいくとしている。

関連URL

静岡ガス
「スグレス」
KDDIエボルバ

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る