インフラトップ、GPTを活用した学習補助ツール「AI質問アプリ」をリリース

インフラトップは24日、AI質問アプリを学習の補助機能として導入する。学習期間中は誰でもいつでも利用できる。AIを活用し、調べる力を身につけながら学習をすることで、卒業後も自らの力で問題が解決可能な人材を目指す。

DMM WEBCAMPが10月24日から就業両立コース・短期専門コース・専門技術コースにAI質問アプリを学習の補助機能として導入する。アプリを利用することでAIを活用した新たな学習体験を提供することが可能になる。

「平成28年版情報通信白書」では人工知能(AI)の活用が一般化する時代に求められる能力として、米国の就労者は「情報収集能力や課題解決能力、論理的思考などの業務遂行能力」が求められると回答した人が51.9%と圧倒的に多いことが記されており、AIを用いて問題を自己解決できる人材が大事になってくると考えられている。*1

*1:総務省「平成28年版情報通信白書」

■特徴
①誰でも使いやすく優しいAI
「不具合の解消」「技術要素の質問」など目的別にテンプレートを選択、利用しながら質問をすることでAIを初めて使用する方でも適切な回答を得られる設計になっている。テンプレートを利用しながらAIを活用することで、問題解決力を身につけながら学習をすることが可能。

②いつでも学習に活用できる
事前学習期間や休校日もAI質問アプリの利用が可能なため、メンターへの質問対応時間外でも、その場で学習に対する疑問点を解消することが可能になる。また、学習期間中は過去に質問した内容とその回答を何度でも見返すことができるため、復習の際にも活用できる。

関連URL

インフラトップ

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る