GMOインターネットグループ、「教えて.AI byGMO」が「GPTs」共有機能に対応開始

GMOインターネットグループのGMO教えてAIが運営する生成AIプロンプトポータル「教えて.AI byGMO」(おしえてえーあい)は16日、ユーザーがカスタムAIチャットボットを構築できるChatGPTの新機能「GPTs」の共有機能を搭載した。

また、ChatGPTの進化に合わせ、画像生成プロンプトに対応することも決定した。2023年12月には、画像生成プロンプトの「投稿」だけでなく「実行機能」も搭載予定。

「教えて.AI byGMO」は、有用なプロンプトが数多く集まるだけでなく、ユーザーが作成した「GPTs」を世界に公開し、簡単に共有できるプラットフォームへと進化し、AIに関心がある人たちの耳目や知識が集まる「場」となることで、AI産業に新たな価値を提供し続けていくという。

「教えて.AI byGMO」は、ChatGPTやBardなどの生成AIが利用者の意図通りの結果を出力するために必要な「プロンプト」のポータルサイト。サイトに掲載されるのは、運営会社の取締役を務める木内翔大氏、茶圓将裕氏などAIの専門家が作成したプロンプトのほか、GMOインターネットグループ内での公募により集まり、有用性が確認されたプロンプト、ならびにユーザーが投稿するプロンプト。ユーザーは「無料で」「手軽に」「高品質な」プロンプトを利用することができまる。また、特長として、現段階ではOpenAI社のAPI(モデルGPT-3.5)を利用することで、プロンプトをその場で実行し文章を出力することができる。ユーザーと共に有用なプロンプトを掲載し、常に進化し続け、世界一充実したプロンプトポータルサイトを目指すという。

「GPTs」の検索・共有が可能に
■検索
ユーザーは、新たに設けられた「GPTs」のタブから「GPTs」の検索が可能になった。タブの下層には「コミュニケーション」「システム開発」などのカテゴリが設けられており、用途からさらに詳細な検索をすることができる。

■共有
「GPTs」を共有する場合は、【プロンプト作成】ボタンから作成画面を進み、プロンプト詳細設定の「プロンプト説明」欄(赤枠)に「GPTs」のURLを記載することで投稿することができる。プロンプト投稿と同様にカテゴリを選択することで、検索者が「GPTs」を見つけやすくなる。
さらに、現在「GPTs」の投稿や検索により適したユーザーインターフェースや機能の開発・実装を進めている。「教えて.AI byGMO」は、今後も目まぐるしい速度で進化する生成AIの動向にいち早くキャッチアップし、ユーザーがより便利に生成AIを利用できるるよう努めいくとしている。

関連URL

生成AIプロンプトポータル「教えて.AI byGMO
GMOインターネットグループ

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る