BDM、AIと会話ができる「相棒チャットくん」がGPT-4 Turbo対応でパワーアップ

BDMは23日、「相棒チャットくん」の第3弾をリリースした。

「相棒チャットくん」はLINE公式アカウント(@aiboukun)を友だち追加するだけでテキストや音声で人工知能(AI)と会話ができるサービス。今回の第3弾ではこれまでのテキストや音声での会話の精度向上だけでなく、画像を用いて会話したり、画像生成もできるようになった。自分だけのオリジナルの相棒(アイコン画像、キャラクター、声の設定)を作成し、これまで以上に精度の高い会話を楽しむことができる。

新たにできるようになったこと
1.2023年4月までの最近の情報を元にした精度の高い回答ができる
2.画像を元に会話ができる(画像認識)
3.イラストを描いてもらうことができる(画像生成)

・日々の疑問や悩み、受験・資格勉強、専門技術など幅広い回答ができる
日常会話や仕事、受験勉強や資格勉強、プログラミングなどの専門技術の質問にも精度高く答えてくれる。画像認識もできるので画像を会話の中で使用することもできる。

・英語・中国語・韓国語など外国語で会話ができる
音声認識や音声合成も可能なため音声での会話もできる。日本語だけでなく57カ国語話すことができる。

・イラストを描くことができる
画像生成もできるので会話の中で「犬のキャラクターの絵を描いて」などといった指示をするだけで画像を作成してくれる。

・オリジナルの相棒が作成できる
名前、アイコン画像、声、口癖などを自由自在に設定できる。
キャラクター音声も再生しながら67種類の中から好みの声を選んで、速度や声の高さも調整できる。

相棒チャットくんは人工知能AIと日常会話をしたり、画像生成モデル「DALL·E 3」によって画像生成などを楽しめる。また、音声認識、画像認識にも対応するためにWhisper APIやGPT-4 Visionを実装している。

無料で会話を楽しむことができるのでLINE友だち追加をして試せる(2023年11月23日時点の最新言語モデル「GPT-4 Turbo」はプレミアムプランで利用可能)。LINE公式アカウント「相棒チャットくん」は以下のリンクもしくはQRコードから友だち追加が可能。

LINE友だち追加

LINEの友だち追加 > 検索で直接ID「@aiboukun」を入力しても可。

関連URL

「相棒チャットくん」
BDM

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る