チェンジ、生成系AIを用いた業務効率化プラットフォーム「NexEmbark」を提供開始

チェンジホールディングスの子会社であチェンジは11月 30日、生成系AIを用いた業務効率化プラットフォーム「NexEmbark(ネクセンバーグ)」の提供を開始した。

NexEmbarkは以下3つの機能(モード)を搭載している。

1.通常モード(AIの回答生成)
ユーザが取得したい情報等を、入力内容にもとづいて回答を生成するモード。

2.社内文書検索モード
社内のドキュメントを事前にAzureのサービスに格納し、その情報を元にAIが回答を生成する機能。労務関連や社内規定等を従業員が検索する場面で、大幅に時間を短縮することが可能となる。
下記は、デジタル庁の文献を格納し、回答を行った例。

使用した文献
上記サイト内のデジタル・ガバメント推進標準ガイドラインよりダウンロード(2023/11/27)

3.グラフ生成モード
事前に参照先として設定しているデータから、ユーザのプロンプトに応じてグラフを生成する機能。
下記の図のように、チャットで「〇〇の情報を教えて/知りたい」と入力すると、Webブラウザの別タブが開き、グラフを生成する。

ユーザは取得したい情報をプロンプトから入力するだけでグラフが生成できることから、データベース構造の事前理解やデータサイエンスの知識を必要とすることなく、ユーザの労力/時間を削減することが可能。

このように、既存のデータを用いるだけで、ユーザが簡単かつ手軽にグラフ生成を行うことができる点が、本サービスの最大の特徴。

チェンジでは、少子高齢化や就業人口減という社会課題の解決に向け、ITコンサルティング、サービス開発を通じて、これまで以上に働く人々の業務効率化を全力でサポートしていくという。

関連URL

チェンジホールディングス

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る