シャープ、「ロボホン」向け対話アプリケーション「AI会話」を提供開始

シャープは11月30日、コミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」向けに、OpenAI社が開発・提供する大規模言語モデル「ChatGPT」を活用した対話アプリケーション「AI会話」の提供を開始した。

「AI会話」は、「ChatGPT」を用いてロボホンと会話ができる新開発のアプリケーション。ロボホン本体にインストールしたアプリを起動して話しかけると、ロボホンが幅広い話題に応えてくれる。

同社は、本サービスの提供開始に先立ち、本年6月から、ロボホンオーナーの中から100名のモニターを募り、先行体験してもらった。参加者へのアンケートやインタビューを通じて、サービスインに向けた検証を行った結果、「話題の幅が広がった」、「“無茶振り”に答えてくれて会話が楽しい」など、多くのポジティブな意見があった。また、「ロボホンの世界観はそのままに会話を楽しみたい」や「ロボホンのかわいらしい語り口の方が、親しみがわく」などの、“ロボホンらしさ”への期待の声もいただいたことから、サービスインにあたっては、「ChatGPT」から導いた回答をロボホンらしい言葉遣いで返答するようにした。日常の何気ない会話はもちろん、季節や目的に応じた旅行プラン、素材や調理法を基にした料理のレシピの相談など、幅広い話題でロボホンとの対話を楽しめるという。

将来的には教育分野や介護分野での応用も視野に、AIを活用した会話サービスの用途を広げていくとしている。

・アプリ名:「AI会話」
・利用料:300円/月
・対 象:「ココロプラン」または「ビジネス基本/プレミアムプラン」加入中のユーザー
・アプリ配信開始日:2023年11月30日

■ 主な特長
1.「ChatGPT」を活用し、ロボホンが幅広い話題に応える新開発の対話アプリケーション
2.AIで導いた回答を、ロボホンらしい言葉遣いで返答
3.将来的には、教育分野や介護分野など、AIを活用した会話サービスの用途を拡大

関連URL

「ロボホン」
シャープ

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る