Queue、生成AIを活用した自動データ分析ツール「Morph」のver 1.0をリリース

Queueは13日、生成AIを活用した自動データ分析ツール「Morph」のver 1.0を公開したことを発表した。

Morphは、9月に発表をしたパブリックベータ版から大幅な機能追加・UIの改善を行い、ビジネスパーソンを始めとして、誰もがより直感的かつ安全にデータの管理・分析・可視化を行えるツールとった。

Morphは生成AIを活用した自動データ分析ツール。ホワイトボード形式の直感的なUIからプロンプトを用いて誰でも簡単にデータ分析を行うことが可能。そのため、データ分析に慣れていないメンバーでも分析業務に取り組むことができる。

そしてホワイトボードで分析した結果をダッシュボードとしてまとめることができる。分析結果をWebページや社内システムで公開することも簡単。

Morphは、ビジネスの現場で広く使われている様々なデータソースに対応している。日常業務で頻繁に用いられるExcelや営業活動の中核を担うSalesforce、社内のデータ基盤を支えるRDBなど、多岐にわたるデータソースを数クリックで簡単に統合できる。

Morphの特徴は、分散しているデータを一箇所に集約し、ノーコードでデータ統合、分析、そして可視化を実現する点にある。この一元化されたアプローチによって、企業のデータドリブンな意思決定をスムーズに支援する。

Morphの強み
Morphでは、データ分析の専門家でない人が簡単にデータ分析を実行できるように、次のような機能を備えていり。

・AIによる自動分析
Chat GPTを活用し、実行したいデータ分析をプロンプト(日常用語での指示)で命令することで簡単に実行できる。
・大規模データに対応
100万行といった大規模なデータにもスケーラブルに対応している。もうExcelが重くて作業が進まないといった悩みは不要。
・分析結果を簡単に共有
集計・分析したグラフやテーブルの結果を1クリックで共有できる。Webページに貼り付けたり、ドキュメントに掲載することができる。
・安全なコラボレーション
同じデータをリアルタイムで複数人で共同編集することができる。操作履歴が残るため、安心してデータを編集することができる。

Morphは、これらの機能によって、「必要な人が、必要なデータを、必要な時にアクセス」するデータドリブンな環境構築を実現する。

Morph 紹介動画

Morph ver 1.0リリースノート

関連URL

「Morph」
Queue

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る