ビースポーク、新発田市がAIチャットボット「Bebot」による自動応答サービスを開始

ビースポークは11日、新潟県新発田市の妊娠・出産・子育てに関する情報の問い合わせで24時間365日いつでも応対できる、AI(人工知能)チャットボット「Bebot」による自動応答サービスを2023年12月27日に開始したと発表した。

「Bebot」は、ビースポークが自社開発した自然言語処理エンジンを使ったAIチャットボット。3000万人以上が利用したチャット履歴をもとに開発された自然言語処理エンジンを採用し、長い文章でもしっかりと文脈を把握し、単語を抜き出すことができる。ユーザー入力の意味を理解した上で適切に回答できるため、正しいやり取りを自然な会話として行うことができることが特長。新発田市の問い合わせサービスに「Bebot」が導入されることで、妊娠・出産・子育てに関する様々な悩みや質問に対し、新発田市のサポート制度の内容、子育てに関する行政手続き、育児相談など、幅広い情報の中から必要な情報を深夜、休日を問わず、24時間365日、対話形式で案内することが可能となる。

■サービスの詳細
対象者:新発田市内に住む子育て家庭(外国人家庭を含む)
提供する情報:子育て支援に関する情報
方法:新発田市ホームページ

関連URL

ビースポーク

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る