ビースポーク、新発田市がAIチャットボット「Bebot」による自動応答サービスを開始

ビースポークは11日、新潟県新発田市の妊娠・出産・子育てに関する情報の問い合わせで24時間365日いつでも応対できる、AI(人工知能)チャットボット「Bebot」による自動応答サービスを2023年12月27日に開始したと発表した。

「Bebot」は、ビースポークが自社開発した自然言語処理エンジンを使ったAIチャットボット。3000万人以上が利用したチャット履歴をもとに開発された自然言語処理エンジンを採用し、長い文章でもしっかりと文脈を把握し、単語を抜き出すことができる。ユーザー入力の意味を理解した上で適切に回答できるため、正しいやり取りを自然な会話として行うことができることが特長。新発田市の問い合わせサービスに「Bebot」が導入されることで、妊娠・出産・子育てに関する様々な悩みや質問に対し、新発田市のサポート制度の内容、子育てに関する行政手続き、育児相談など、幅広い情報の中から必要な情報を深夜、休日を問わず、24時間365日、対話形式で案内することが可能となる。

■サービスの詳細
対象者:新発田市内に住む子育て家庭(外国人家庭を含む)
提供する情報:子育て支援に関する情報
方法:新発田市ホームページ

関連URL

ビースポーク

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る